フィリピンでPocket WiFiを使う方法(GlobeプリペイドSIMの場合)


※この内容は2013年10月の取材に基づく情報です。

どこの国に行っても、モバイル通信はしたいものです。数年前から、成田や羽田など、国内の空港で現地用のモバイルルーターをレンタルしていくスタイルが定着してきました。 しかし皆さんご存知でしょうか?イー・モバイルのPocket WiFiの多くの機種は「SIMフリー」と言いまして、現地でSIMカードを調達して設定さえすれば、日本以外の国でも使えるはずなのです。

この方法がうまくいくのなら、国内からモバイルルーターを借りて行くよりも安いですし、自由が効くはずです。 ただし、このような使い方はイー・モバイルのサポート対象外なので、自分たちで苦労しながら開拓するしかないのです。今回、フィリピンでの利用方法が分かりましたので、共有したいと思います。

(0)出国前にファームウェアのアップデートを確認しましょう

私の使用しているPocket WiFi(GP01)は、出荷状態では海外でのSIM利用に対応してなかったそうで、ファームウェアのアップデートが必要でした。そういうことがちょくちょくあるようですので、出国前にイーモバイルのWebサイトを確認しておきましょう。

(1)キャリアはGLOBEを選択します。

他のキャリアでも大丈夫なのかもしれませんが、実績のあるところということで、フィリピンではGLOBEをオススメします。空港に小さな青い電話ボックスみたいなブースがありますし、市内のモールにも専門ショップがあります。

(2)プリペイドSIMを購入します。


まず、プリペイドSIMカードと、ロードという利用権を購入します。「Do you have Pre-Paid Sim Card?」くらい言うと、出してきてくれます。

料金:
プリペイドSIMカード(100ペソ=約200円)
ロード(300ペソ=約600円)

(3)利用権のチャージとパケット定額の契約が必要です。

ここで、利用権のチャージが必要です。この操作にはSIMフリー携帯が必要で、Pocket WiFiだけではできません。ここはお店の方に頭を下げてお願いしちゃいましょう。「I want to charge, Can you help me?」くらいいうと、お店のSIMフリー携帯にSIMカードを差し込んで、ごにょごにょとやってくれるはずです。


さらに、パケット定額の契約も必要です。さきほどチャージした利用権を1日使い放題50ペソ、5日間使い放題なら220ペソ分だけ使用します。この操作には上記画像に書いてある「SUPERSURF220」というテキストを8888という電話番号にSMS送信すればいいのですが、これもSIMフリー携帯が必要です。またしてもお店の方に頭を下げてお願いしちゃいます。「I want SuperSurf 5days, Can you help me?」とか言ってみてください。

(4)APNの設定をします。

Pocket WiFiの管理画面(http://192.168.1.1/ パスワードはWepキーと同じです)を開いて、APNを設定します。

APN:http.globe.com.ph
ユーザーネーム:空白
パスワード:空白

他の国の経験ではAPNを設定しなくても使える場合が多いですが、少なくとも今回のGlobeのSIMカードでは設定しないとうんともすんとも繋がりませんでした。

(5)通信速度は結構早いです。

日本のイーモバより少し遅いですが、かなりいい線いきますよ!

(6)パケット定額の期限が切れたら

パケット定額の期限が切れたら、またロードを購入して、利用権をチャージして、パケット定額の契約をすることになります。5日間の利用権が220ペソ、ロードが300ペソなので端数が出るのですが、基本的には5日間ごとにロードを買いに行って、お店の人に上記(3)をやってもらうのがいいと思います。長期滞在される方でしたら、SIMフリー携帯を調達することをオススメします。数千円以内で買えると思います。

※皆さんの体験談を募集しています。利用感などコメントに書き込んでくださいね!


3 件のコメント :

naoya fuchigami さんのコメント...
中康二 さんのコメント...
Unknown さんのコメント...